USPの社内システムをみてみよう 〜「U-ROCK」編〜

■USPの社内システム開発プロジェクト「U-xxx」 USP研究所では、「自分たちが必要としているものは自分たちで作る」がモットーです。社内業務で自分たちが必要としているシステムを、U-xxxとして社内プロジェクトとして… 続きを読む USPの社内システムをみてみよう 〜「U-ROCK」編〜

書籍『データ指向プログラミング』を読む

■書籍紹介の前に 先日、知人より『データ指向プログラミング』という本を紹介されました。 近年のプログラミングはオブジェクト指向が一般的です。では、オブジェクト指向とはなんでしょう? オブジェクト指向プログラミングとは、プ… 続きを読む 書籍『データ指向プログラミング』を読む

投稿日:
カテゴリー: 未分類

USPの社内システムをみてみよう 〜カウントシステム編〜

■改めて、USPの社内システムの紹介とその考え方 USP研究所は、「自力を高める」がモットーです。自分たちが必要とするものは自分たちが作る。自分たちがすべきことは自分たちでやる。本当に何でも自分たちでやります。自分たちが… 続きを読む USPの社内システムをみてみよう 〜カウントシステム編〜

USPの社内システムをみてみよう 〜サイネージ編〜

■USPの社内システム U-xxx USP研究所は、「自力を高める」がモットーです。何かをやりたい、新しい課題が出てきたとき、それを既存のアプリを借りてきたり買ってきたりして解決するのは簡単です。しかしそれが自分たちが求… 続きを読む USPの社内システムをみてみよう 〜サイネージ編〜

シェルスクリプトと情報教育

 USP研究所は10年程前から、金沢大学との共同研究を推進してきました。共同研究のテーマはいくつかあるのですが、今回は、論文という形で先日成果がまとまった「教育」(情報技術教育)について紹介します。 情報処理学会 デジタ… 続きを読む シェルスクリプトと情報教育

倒立振子をシェルスクリプトで動かす! 〜IoTとシェルスクリプトとユニケージ〜

■ユニケージのIoTへの挑戦 USP研究所では、ユニケージ開発手法を使い、IoT分野に存在する課題解決にも挑戦しています。その挑戦の様子は、例えば顔認証をユニケージで実行する挑戦について述べた過去の本ブログの記事もご参照… 続きを読む 倒立振子をシェルスクリプトで動かす! 〜IoTとシェルスクリプトとユニケージ〜

ユニケージのセキュリティを考える 【セキュリティ・後編】

前回のブログ記事で、UNIXにおけるセキュリティの歴史、そしてパスワードや最新のセキュリティ技術について触れました。では、UNIXの思想をもとにして誕生したユニケージ自体のセキュリティはどのようになっているのでしょうか。… 続きを読む ユニケージのセキュリティを考える 【セキュリティ・後編】

パスワードから生体認証まで 〜UNIXにおける「ユーザー」という考え方〜 【前編】

UNIXは、他のOSに比べて「ユーザー」という考え方が強いシステムになっているようにみえます。 そもそもUNIXは1960年代の大型計算機(Multics)のシステムに影響を受けて作られたものです(そのアンチテーゼだから… 続きを読む パスワードから生体認証まで 〜UNIXにおける「ユーザー」という考え方〜 【前編】

より長持ちするシステムは、どんなシステム? (後編)

■10年、20年と使えるシステムを作るには 前回の記事で、「長持ちするシステムとはどのようなシステムか」という話をいたしました。その際にはユニケージ開発手法で開発したシステムを異なるUNIXシステムへ移植した当社の経験を… 続きを読む より長持ちするシステムは、どんなシステム? (後編)